住宅に外壁塗装を施すならこの時期がおすすめ!
ロゴ

季節は外壁塗装の出来栄えや完工時期を左右する!

外壁塗装には最適な季節がある

一応、外壁塗装は年中利用できるサービスです。しかし、時期によっては予定の工期通りに済ませられれば、若干延びてしまう場合もあります。滞りなく外壁塗装を済ませるために、四季の中でどれがおすすめなのかを以下でチェックしてみましょう。

住宅に外壁塗装を施すならこの時期がおすすめ!

ペンキと刷毛

塗料が張り付きにくい時期がある!

東京などで外壁塗装を施す場合、頭に入れておきたいのが塗装・塗り替えができない条件。その条件とは、気温が5度以下の時と湿度が85%以上の時です。なぜなら、この気温・湿度下だと塗料が十分に乾かないので塗装剥がれや塗装の持ちが落ちやすいからです。

塗料が乾きやすい季節は何時?

塗料が乾きやすい時期は、主に春夏秋です。特に、夏ならスピーディーに乾きやすいので職人もスムーズに作業を進めやすいです。春と秋も、適度な温度と湿度の時期なので、外壁塗装を施すのに適しています。これらの時期に絞っておけば、住宅の壁にしっかり塗料がついてくれるのは確かです。ただ、塗料が乾きやすい3つの時期でもデメリットがあります。

乾きやすい時期に選べば良いのか?

春の場合は、東京などにある外壁塗装業者のほとんどが活発に宣伝を行いますので、どの業者にすべきか絞りにくくなります。夏の場合は、窓が開けられないのでしばらくエアコンで涼をとらざるを得ないため、光熱費が若干かさんでしまいます。秋の場合は、台風が発生しやすいシーズンなので、台風の影響による雨や暴風雨で工事期間が延期してしまう場合があります。この3シーズンのうち、どれかの時期を選ぶならメリットデメリットを頭に入れた上で依頼をすると良いでしょう。

逆に乾きにくい季節は?

冬は、外壁塗装的にはどうなんでしょうか。冬だと、窓を閉める日が多くなるので、塗料の匂いによる影響が受けにくいです。しかし、地域によっては一番最初に紹介した塗装が難しい条件の5度以下になる日が多くなります。そのため、乾燥に時間がかかってしまうので、工期が延びてしまいやすいです。積雪量が少ない・気温が5度以下になりにくい地域なら、冬を選ぶのもアリです。極力、早く外壁塗装を済ませたいならそのほかの季節に済ませておきましょう。

外壁塗装Q&A【季節とタイミング編】

塗り替えができない条件は他にありますか?

上記で紹介した、塗装が難しい条件は台風と積雪の時期です。台風と積雪は、塗装施工そのものができなくなります。工期の中台風・積雪の日が含まれると、完工予定日が長引いてしまう可能性が高まります。

雨季に外壁塗装はやらない方が良いですか?

梅雨の時期だと、雨の影響で塗装が中々乾きにくいのと、塗料が水で流れてしまい再度塗り直ししなければならない事態に陥りやすいです。ただ、梅雨の時期は選ばない方が良いわけでなく、業者によっては塗装の知識と経験をフル活動して梅雨でも問題なく塗装を施してくれるところがあります。

季節を考えるとどんな業者にお任せした方が良いですか?

おすすめの業者は、季節の知識はなくても居住地域の情報を知り尽くしている業者。いわゆる地域密着型のところです。地域密着型なら、地域の特性に見合った塗装を施してくれます。

季節によって外壁塗装価格は変動しますか?

外壁塗装業者がもっとも忙しい時期が夏場です。この時期は、公共事業関連の塗装を多く引き受けるため、業者側も多忙を極め、費用も若干高めになります。

広告募集中